読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえる堂の大人ピアノ

23年ぶりにピアノレッスンを再開しました。どこまで伸びるか見当も付きませんが、毎日練習中。

「田舎ふうな歌」(シューマン)

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

2016年初めからボチボチ練習して仕上げたのは、前のに引き続き、シューマン先生の「ユーゲントアルバム」から「田舎ふうな歌」です。

 

「田舎ふうな歌」(シューマン


はじめの8小節を、右手だけで簡単めいておきながら、9小節目からいつもの「シューマン風味」。当然これも手が疲れる曲です。

嫌いではないのですが、弾いていてイマイチ楽しくないし聞き映えしないように感じました。

しばらくはレパートリーに含めるとしても、これよりもっと良いと思う曲に出会ったら外すでしょうね。

 

「ユーゲントアルバム」を2曲続けたので、次はもっと手が疲れなさそうで【発表会超ド定番曲】である「エリーゼのために」にとりかかります。

「小さなロマンツェ」(シューマン)

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

ブログ更新がすっかりご無沙汰。

年末年始やら着付の練習やらで練習時間が以前より取りにくい日が続いていましたが、何とか毎日鍵盤には触るように心がけています。

 

ちょっと前に仕上げた曲で、「ユーゲントアルバム」から「小さなロマンツェ」です。

「小さなロマンツェ」(シューマン



中盤の「ジャンジャ~~ンジャジャンジャン♪」のところがメリハリついていて弾いていて楽しいのであります。

譜面の指示通りの指使いで練習するのはとても手が疲れるのですが、一旦慣れれば「こっちのモノ」な曲。って、「ユーゲントアルバム」の曲ってほぼ全てそんな感じみたいなんですけどね・・・・・

 

 

「小さな黒人」(ドビュッシー)

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

小さな黒人(ドビュッシー

「ピアノ名曲150選初級編」からです。

ドビュッシーの曲を弾くなんてまだまだ先やわ~と思ってましたが、私でも弾ける曲がありましたよ~


ドビュッシー/小さな黒人 pf.Vincenzo Balzani



これくらいの速さで弾けるようにはなるのですが、この動画みたいに緩急つけてカッコよくはなかなか弾けません・・・・プロとド素人の差って技術的なヘタウマもあるけれど、こういう表現的なものが大きいような気もします。溜息。

 

この曲の動画検索したら、小学生の発表会を撮影したものが出るわ出るわ・・・・発表会定番の曲らしい。テンポが良いし判りやすいメロディだからでしょうか。

みんなうまいなぁ。オバサンはこんなにうまく弾けないわぁ~

 

この「小さな黒人」という曲は「ケークウォーク」という別名があるらしくて

ケークウォークとは、黒人特有のダンス・ステップである。彼らは、賞品のお菓子をもらうために、ケークウォークを競い合う。この曲は、《子供の領分》の〈ゴリウォッグのケークウォーク〉と兄弟版といった作品である。A-B-A-B-Aの形をもっており、初級者向きの易しい小品。

ピティナピアノ曲辞典)

http://www.piano.or.jp/enc/pieces/665/

 らしいです。

「易しい」と書いてありますが、左手の動きに慣れるまで根気が要ると思いますが…

その‟兄貴分”の「ゴリウォッグのケークウォーク」はこんなんです。


ドビュッシー/6.ゴリウォーグのケークウォーク/演奏:金子 一朗

たしかに「小さな黒人」と雰囲気が似てるかも。

この曲もいつか弾いてみたいもんです。いつになるかな~

 

次はそろそろ放置したままのシューマンのユーゲントアルバムに戻ります。

 

「荒野のばら」(ランゲ)

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

前回ブログでお話した「ピアノ名曲150選 初級編」

 

 

この中から早速、「荒野のばら」を弾いてみました。

 

「荒野のばら」(ランゲ)

全音ピースでも販売しておりまして、こんな曲です。

www.youtube.com

はじめはモタモタして弾いておりましたが、昔々にピアノの発表会で弾いた曲ということもあり、徐々に感覚が復活。サクサク弾けるようになりました。

そこのあたりの感覚の回復って、自転車とか竹馬とかと一緒なのでしょうね。(竹馬はしたことないけど。)

 

原題は「Heideröslein」。作者のランゲがドイツ人なんで、多分ドイツ語だと思います。

実は、「Heideröslein」を直訳すると「野ばら」でして、邦題の「荒野のばら」というのはかなり‘雰囲気を盛った’ものらしい。

私的には

 「荒野のばら」 : 荒涼とした土地にポツンと咲いてるばら

 「野ばら」   : 野原とか山に自生してるばら

なイメージで、大分違う感じです。

どちらかといえば、直訳の「野ばら」のほうがシックリくる感じがするような・・・・

 

邦題が付けられている場合は、原題も要チェック。です★

ピアノ名曲150選 初級編 投入

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

「ピアノ名曲150選 初級編」なるものを投入しました。

ピアノ名曲150選 初級編 <バイエル~ブルクミュラー程度>

 

財力にモノを言わせ、次々と楽譜を購入しとりますが、そこは「大人ピアノ」ならではってことで(笑)とか、ちょっと言い訳。

 

名曲集は色んな出版社から同じようなのが出てるのですけど、この本にした決め手は

 ・価格が安い

 ・他の名曲集にはあまり載ってないような曲が載ってる

です。

 楽譜というものは、値段が安いからといって音譜が間違えてるとかいうことはないはずなので、同じような内容であれば安い方が良いと思ってます。ただし、解説とかペダルの表記とか指使いとか、それぞれお好みがあるので、最終的には値段だけではなくそういった部分も含めて判断することになりますけども・・・

 で、この本の値段が安い理由は、おそらく紙質が若干イマイチだからではないかと思われます。(ホンマに勝手な推測ですけども。)まぁ、日本の本なのでイマイチの紙質でもある程度の品質ではありますから、全然問題ないでしょう。

 

 この本には「エリーゼのために」とか「人形の夢と目覚め」とか名曲集にはおなじみの曲も多数含まれているのですが、ハチャトゥリアンギロックバルトークカバレフスキーなど、ちょっと他の曲集には見かけない20世紀の作曲者の作品が含まれてます。ピアノピースでもあまりないですし、ここのあたりの曲に興味がある人にはオススメです。

 

 ちなみに、この曲集は<バイエル~ブルグミュラー程度>ということになっていますが、ブルグミュラー程度ではしんどいと思われる曲が多く含まれているので、ご注意を★

「7つのパガテル Op33-3」(ベートーヴェン)

みなさまこんにちは。かえる堂です。

 

7つのパガテル Op33-3

引き続き「ベートーベン ピアノ名曲集」から「7つのパガテル Op33-3」です。

パガテル7曲のうち、1番簡単な曲・・・・のはずが、案外てこずりました。

 



左手の鍵盤の位置がけっこう動くので、それに慣れるのに時間がかかった次第。

はじめは弾きにくいと思っていたのですが、馴染み始めると弾いていて楽しいです★ある程度の速さがないと聞き映えしない曲かもしれません。

ピアノ教材研究ではレベル9。

 

 

「二つのソナチネ Anh.5-1」(ベートーヴェン)

みなさまこんにちは、「プレ・インベンション」脱走中のかえる堂です。

 

飽き性&移り気な性分なもので、「ベートーベン ピアノ名曲集」を投入しました。

ベートーベンピアノ名曲集  全音ピアノライブラリー

 

ベートーヴェン弾けるなんて凄いやん!めっちゃ巧いんちゃうん!?」

とか思ってもらえそうなのですけど、じつは『クラスの合唱会で伴奏をするほどではないそこそこの実力の小学生』が発表会で弾けるようなのも収録されてる曲集なのであります。

 

最近はシューマン先生や「プレ・インベンション」だとかを弾いていたけれど、やっぱり左手の伴奏が「ドソミソドソミソ~」な曲が落ち着くことに気づきました。これも「バイエル育ち」の性なのかもしれないです・・・・

 

二つのソナチネ Anh.5-1

「ベートーベン ピアノ名曲集」の中で一番簡単な

「二つのソナチネ Anh.5-1」を弾いてみました。

ピアノ教材研究によると、レベル7。「ブルグミュラー」位でしょう。

屈折していなくて、弾いていて楽しい曲です。難しい曲の練習に詰まったときの、気分転換に良さそうではないですか??

 

次の曲は「7つのパガテル Op33-3」弾きます!